緊急事態宣言の発出に伴うMEDiCの対応について

東京都・京都府・大阪府・兵庫県に緊急事態宣言が発出されました。
当社の対応ついては、以下の通りとさせていただきます。

 

対面授業に関しては、引き続き感染防止策を取った上で、予定通りに実施いたします。
通塾に不安がある場合は、オンライン対応をとることも可能ですのでご相談ください。

 

 

【感染防止へのMEDiCの取組み】

 
・生徒・講師・スタッフの常時マスクの着用を義務付けています。

 

・37.5℃以上の発熱時は、生徒・講師・スタッフ共、必ず休むようお願いしています。

 

・各フロア入り口にアルコール消毒液を設置しています。

 

・質問受けコーナー・個別ブースにアクリルパーテーションを設置しています。

 

・換気のため、教室や自習室の窓を常時開放しています。

 

・授業終わりの机・ドアノブの消毒、及び、トイレのドアノブ・蛇口の定期的な消毒をしています。

 

・間隔を空けて、自習室の座席を配置しています。

 

・対面を避け、自習室自席にて無言での食事をお願いしています。

 

・万一、当塾の塾生及び教職員から感染者が出た場合は、保健所の助言に従って教室の運用を決定します。

 

・休講処置が必要となった場合は、適宜教室の消毒作業を行い、教室内での対面授業を停止の上、振替授業または双方向オンライン授業で対応します。