高等進学塾グループの講師陣

私立大学医学科はもとより、東京大学・京都大学を初めとした最難関国公立大学、国公立大学医学科への高い合格実績は私たち高等進学塾グループの大きな特徴です。

40年間にわたって培ってきた「高等進学塾グループの指導方法」を全ての生徒に共通して教え込むために、私達は高等進学塾グループに所属している講師陣を中心に授業を担当します。他予備校からプロ講師を採用する際にも、私たちの指導方法について、研修会等を通して十分に理解してくれている者だけを採用しています。

そして、高等進学塾グループに所属する講師は、互いの連絡が密であることも特徴の一つです。授業の中で理解していないことについては、他の授業を担当する講師にも引き継がれ、弱点補強のために全講師が一丸となって指導にあたっていきます。

高等進学塾グループの講師陣

少人数のクラス編成

MEDiCのEコースは最大28名、国私コース、私立コースは7〜10名の少人数クラス編成を実施しています。
講義内容を理解しているかどうか次から次へと質問が飛んできます。少人数ですから、何回も質問されます。授業に集中していないと質問にも答えられませんから、授業は自ずと緊張感にあふれたものになります。分からなければその場で即座に質問することができます。講師・教務は、生徒さん一人一人の学習状況を把握し、きめ細かな指導を行います。

教科別のクラス編成

MEDiCでは、指定する全国模試および日常の復習宿題テストを基準にクラス替えを行うことで競争意識を持たせ、生徒さんの勉強意欲を刺激します。クラス編成は教科別に行いますので、教科の成績バランスが悪い人も、それぞれの教科で自分のレベルに合ったクラスの授業を受講することができます。

授業→宿題→復習テストの学習サイクル

授業は、カリキュラムとテキストに講師が命を吹き込み、生徒さんに理解させていく場です。クラスにより多少の差はありますが、前期と夏期講習には入試範囲を一通り学習していきます。この時期の授業の重点は講義になります。後期に入ると、入試演習中心の授業に切り替えられ、演習−解説部分が増えていきます。そして、冬期講習と直前講習では、大学別の入試対策授業も行われます。単元ごとの基礎・標準問題の確認からスタートして、入試演習を積み重ね、最後に大学別対策を行う、この1年間の授業こそが、MEDiCの根幹をなしています。

講義中心の前期と夏期では、「理解」を「定着」させるために、宿題が与えられます。宿題は、授業外学習でやるべき演習課題として与えられます。ここで、十分な量の演習を行います。講義で学習したことは、その日のうちに復習し、その日のうちに演習問題をこなしていく、これが前期の皆さんの日課となります。

前期と夏期講習では、前回授業の内容と宿題の内容はテストで定着を確認していきます。テストはすべて保存・データ化され、講師にフィードバックし、今後の各人の学習指針に反映させていきます。

また、テスト結果はクラス替えに反映させていきます。 日々のテストをおろそかにせず、確実に点数を取ることが、基礎を固める最も確実な方法なのです。
授業→宿題→復習テストの学習サイクル

成績の貼り出し

個別指導のみの受講でMEDiCに所属することはできません。MEDiCの内部生(集団授業受講者)については、希望と必要に応じて、別途、個別指導を受けることもできます。ただ、やみくもに個別指導を設定するのではなく、生徒にとって必要であると判断した場合のみ、個別指導を設定をすることを指導の基本としています。
成績の貼り出し

個別指導

個別指導のみの受講でMEDiCに所属することはできません。MEDiCの内部生(集団授業受講者)については、希望と必要に応じて、別途、個別指導を受けることもできます。ただ、やみくもに個別指導を設定するのではなく、生徒にとって必要であると判断した場合のみ、個別指導を設定をすることを指導の基本としています。
高等進学塾グループの講師陣

映像聴講

主な集団授業は録画をしています。そのため、受講しているクラスの授業はいつでも聴講することができます。遅刻や欠席がなく、毎日授業に出て、周囲との競争の中で伸びようとすることが大前提ですが、どうしてもやむを得ない事情で授業を欠席した場合は、映像聴講していただくことができます。 また、授業の理解が不十分であった場合、以前学習した内容を復習したい場合等も、自習時間、日曜日等を利用して映像聴講をすることができます。

面接・小論文の指導

面接練習では、マニュアル的な対応だけではなく「個人の性格」・「調査書の内容」に合わせた実践的な指導を行います。模擬面接の練習においてはビデオを撮影し、「他者の視点」から面接時における言動の確認をしていきます。小論文の指導では、「基本的な書き方の指導」・「知識のインプット」・「授業での演習と講師による添削の反復」を1年間徹底させていきます。
高等進学塾グループの講師陣

独自の演習と「Weak Point Map」の作成

MEDiCには、高進進学塾グループ独自の特殊形式演習「トリアージテスト」と、センター数学対策演習「Tour de MEDiC」 があります。これらの演習により、限られた時間で得点を最大にする訓練をしつつ、自分の弱点を明瞭に把握する「Weak Point Map」が作成されます。MEDiCの該当する生徒を対象として、1週間の中で数回実施していきます。