確実に私立大学医学科に合格をすることを念頭に置き、
必要に応じて、国公立大学医学科にも対応するコース

ある程度の知識と答案作成力を備えた生徒が集まる「国公立私立医学部選抜コース」は、国公立大学医学科に目を向けつつも、確実に私立大学医学科への合格を勝ち取ることを目標としたコースです。

私立大学医学科に必要十分な記述力・知識を身につけると同時に、国公立大学医学科合格への鍵となる発展的な知識・応用力を身につけることを目指した授業内容となっています。このコースでは、教科別にクラス編成を行います。前期の授業では、全範囲について「基礎部分の確認・弱点の克服」を行い、後期の授業では演習を通じて「実戦的・発展的な内容」を学ぶことで、死角のない実力を身につけ、合格を確実なものとします。

成績上位層では、国公立大学医学科にも合格者が出ます。「英・数・理・理」の4科目で私立大学医学科に合格するだけの成績に到達でき、かつ国公立大学医学科を希望する場合は、国公立大学も視野に入れながら、センター試験対策も指導していきます。

生徒各個人には教務担任がつき、復習のサポート及び弱点科目の克服に向けたアドバイスを与えることで総合的に学力を伸ばします。

なお、当コースでは、年間のクラス編成において「特別クラス(Xクラス)」を編成します。Xクラスは「関西の私立医学部」を中心に、上位の私立大学を目指すコースになります。

認定基準(2016年7月~2017年3月の模試)

  • 特別クラス(Xクラス)
  • 1浪生(平成29年卒):記述模試総合偏差値 58 以上 かつ 英・数それぞれ偏差値 58 以上
  • 2浪生(平成28年卒):記述模試総合偏差値 60 以上 かつ 英・数それぞれ偏差値 58 以上
  • 3浪生以上:記述模試総合偏差値 62 以上 かつ 英・数それぞれ偏差値 58 以上
  • 一般クラス
  • ①記述模試総合偏差値 58 以上(マーク模試は対象外)
  • ②過去年度一般入試で私立大学医学科一般入試試験の1次合格者
  • ③MEDiCが実施する「認定テスト(英語・数学・理科)」の合格者
  • 認定テストについて
  • ・認定テストは「英語(25分)・数学(75分)・化学(30分)」となります。
  • ・テストは1回のみ受験できます。
  • ・3教科の総合点によって、認定の可否を判定いたします。
  • 河合塾全統模試、駿台模試(駿台・ベネッセ共催模試は含まず)
  • 記述模試では「理科2科目以上」かつ「数学Ⅲ」を選択解答している必要があります。
  • 模試の成績表の「原本」を必ずお持ちください。
  • 成績表のコピーやメモ書きの場合はクラス認定ができません。