兵庫医科大学/熊谷 充弘(高槻)

私は一浪目のとき、大手予備校に所属していましたが、結果が伴わず二浪目のときにMEDiCに来ました。当初は英語が苦手で理科・数学は合格レベルに達していると思い込んでいました。しかし、スタート時は私立クラスで授業を受けるにつれて自分の勉強スタイルの甘さに気づかされました。そこから先生や教務に言われたことを忠実にこなしていくと驚くほどに成績が伸び、受験前には合格できる可能性は高いだろうと言われていました。しかし、不幸にも受験中に父が急逝し、受験どころではなくなり終わってみれば一次合格一つの結果に終わりました。人生のどん底でどうしていいか分からなくなったとき、先生・教務全員が助けて下さり、三浪を決意しました。苦手であった英語を藤田先生に見てもらい苦手科目を克服し、目標の一つであった兵庫医科大学に合格できました。合格するためには、学力はもちろん個々の様々な事情や悩みを乗り越えなければなりません。MEDiCにはそのような悩みにも向き合ってくれる面倒見のよい予備校です。

最後に、人生で最も辛かった時期に支えてくださった藤田先生・中谷先生をはじめとする諸先生方、担任だった中西さん、久貝さんをはじめとする教務スタッフの方々、毎朝笑顔で挨拶してくれた横山さんには感謝しても感謝しきれません。この恩を忘れずにこれからも日々努力し、立派な医師になれるように頑張りたいと思います。本当に二年間ありがとうございました。