奈良県立医科大学医学部医学科/岡野 聖(西大和学園)


高校2年の冬から高等進学塾でお世話になっていて、一浪目の大手予備校を経て、二浪目からMEDiCでお世話になりました。一浪目のときから2次力の成績はそこそこあったこともあり、MEDiCではEクラスに入塾できました。

この3年間、僕の課題は何よりもセンター試験でした。医学部入試において、センター試験で9割近くをとることはとても重要です。そんな僕に、教務スタッフの金井さんは理数科目の中でも特に化学を、髙木さんには現代文を入試直前まで鍛えて下さいました。そのおかげもあって、9割には届かなかったものの、今までの最高得点をとることができました。

2次力には、ある程度の自信をもっていた僕でしたが、ここでの授業はとてもハイレベルで、余裕は一切ありませんでした。それでも、先生方の基礎から段階をふんで医学部レベルへと持っていく授業は最高でした。秋からは、金井さんに奈県医対策の問題を作っていただき、十分に備えることができました。

最後に、微積分を使った物理で、僕の物理をさらに伸ばしてくださった中川先生、最後まで英作の添削を受け持ってくださった伊東先生と藤田先生、化学の知識の穴を埋めてくださった金井さん、現代文演習に付き合ってくださった高木さん、切磋琢磨してきた仲間達、最後まで合格を信じてくれた家族など、様々な人々にお世話になりました。

努力は確かに報われないこともあります。でも、努力しなければいい結果は決して返ってきません。そんなことを学んだ一年でした。皆さんの第一志望合格を願っています。
ありがとうございました。