物理高進物理の方法論を用いる授業で、
揺るぎない実力の養成する物理科チーフ。

中出 佑輝

高等進学塾グループの物理科チーフで、自身も高等進学塾の卒業生。生徒の頃から高進物理の方法論に触れ、それらを用いることで問題が機械的に解けることを誰よりも経験している。MEDiCを卒業した生徒の合格体験記にも、「システマチックな授業が素晴らしく、どんなに難しい問題でも機械のように解けた。物理に関しては脱帽です。」という声があったほど。特に、物理が苦手な生徒は、我流で問題を解き進めるのではなく、高進物理の方法論を用いることで、飛躍的に成績を伸ばすことができるであろう。高等進学塾:東京医進館では「東大京大医進物理」を担当。物理が苦手な生徒だけでなく、ハイレベルな生徒に対しても方法論を用いる授業で、揺るぎない実力の養成を図っている。MEDiCでは全てのコースの授業を担当する。